ローンが残っている中古車の買取りは?

ローンが残っている中古車の買取りは?

問題のあるとされる中古車の中には、例えば、まだローンが残っている車も含まれます。まだローンを支払い中の車ということです。では、ローン残債のある中古車の買取りの実際はどうなのでしょうか?

ローンが残っている中古車の買取りにはある意味大きな問題があります。というのも、ローンの残債がある中古車の場合は、その車を売ろうと思っても勝手に売ることが出来ないからです。基本的に、ローン中の車の所有者は、ローン会社(信販会社)か販売店になっています。ということはローン中の車の名義はあなたではないので勝手にその車を売ることは出来ないという訳です。

ではどうしたらいいのでしょうか?

手っ取り早い解決策は、残っているローンの残債を支払うことです。ローンを完済するということです。こうすることで、車の所有者はあなたになりますので自由にその車を売ることが出来る訳です。

しかし、以上のことが出来ない場合は、以下の方法があります。

車買取業者に車の買取り依頼の申込み
車の買取専門業者にローンが残っていることを条件に車の買取りをして貰います。この場合、二つのことが考えられます。
・車の買取価格がローンの残債より高い場合
この場合は、ローンを完済して、その差額を受け取ることが出来ますので問題はありません。
・車の買取価格がローンの残債より低い場合
この場合は、ローンの完済分に足りない分を現金で支払うか、その足りない分について新たにローンを組みます。近頃の車買取専門業者にはローンの組み替えサービスをしているところも多いので事前に聞いておきましょう。車買取業者の大手ガリバーでは『すっきりプラン』というサービスを提供しています。